読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

write ahead log

ロールフォワード用

CentOS7にVNC環境を構築する

CentOS7上に環境構築する必要が出てきたのでしばらくそのメモが続きます.

sudoの設定とかは基本なんで飛ばしていいかな.

VNCの設定

以下、アカウント名をvncuserとして進めます.

インストール

$ sudo yum -y install tigervnc-server
$ vncpasswd   # カレントアカウントにVNC用パスワードを設定

とりあえず起動

$ vncserver :1

とりあえず終了

$ vncserver -kill :1

設定

ユニットファイルを作ります

$ cd /etc/systemd/system
ln -s /lib/systemd/system/vncserver@.service vncserver@:1.service

編集

$ vi vncserver@:1.service

<USER>となっている部分をユーザ名に変更します.

before

[Service]
Type=forking
# Clean any existing files in /tmp/.X11-unix environment
ExecStartPre=/bin/sh -c '/usr/bin/vncserver -kill %i > /dev/null 2>&1 || :'
ExecStart=/sbin/runuser -l <USER> -c "/usr/bin/vncserver %i"
PIDFile=/home/<USER>/.vnc/%H%i.pid
ExecStop=/bin/sh -c '/usr/bin/vncserver -kill %i > /dev/null 2>&1 || :'

after

[Service]
Type=forking
# Clean any existing files in /tmp/.X11-unix environment
ExecStartPre=/bin/sh -c '/usr/bin/vncserver -kill %i > /dev/null 2>&1 || :'
ExecStart=/sbin/runuser -l vncuser -c "/usr/bin/vncserver %i"
PIDFile=/home/vncuser/.vnc/%H%i.pid
ExecStop=/bin/sh -c '/usr/bin/vncserver -kill %i > /dev/null 2>&1 || :'

サービスの自動有効化

$ systemctl daemon-reload
$ systemctl enable vncserver@:1
$ systemctl restart vncserver@:1

ファイヤーウォール設定

$ firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=vnc-server
$ firewall-cmd --reload
$ firewall-cmd --list-all

再度起動

vncserver :1

クライアントから接続確認. chrome拡張が好きです.

接続確認.OK