読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

write ahead log

ロールフォワード用

golangでオブジェクトをシリアライズしたい

cacheに乗せたい時やちょっとしたものを作るときには簡単にシリアライズ/デシリアライズできる パッケージがあると便利だ.

gobパッケージを使うと簡単にできるようだ.
rpc向けのパッケージらしい.

他ではencoding/jsonやencoding/xmlだろうか.ここら辺はググればすぐ出ると思う. encoding/binaryも使い道によっては良いと思う.

それでもgobを使ってみたのはgobの方が早いとの記述を何処かで見たからだ.(が,測定はしていない)

使い方は絶対忘れるので作ったサンプルを書いておく.

package main

import (
    "bytes"
    "time"
    "fmt"
    "encoding/gob"
)

// サンプル用の構造体
// 何となくブログ風味
type Entry struct {
    ID         int64 `datastore:"-"`
    Title      string
    Contents   string
    CreateAt   time.Time
    UpdateAt   time.Time
    DeleteAt   time.Time
}

// シリアライズ用のメソッド
// レシーバ(e)の値をシリアライズしてbyte配列にする
func (e *Entry) GobEncode() ([]byte, error) {
    // エンコーダを作る.
    // io.Writerであれば何でも良いのでここではbytes.Bufferを使う
    w := new(bytes.Buffer)
    encoder := gob.NewEncoder(w)

    // 先頭から順番にエンコードしていく
    // 必ず先頭から1つずつエンコードを実行していく必要があるらしい

    if err := encoder.Encode(e.ID); err != nil {
        return nil, err
    }
    if err := encoder.Encode(e.Title); err != nil {
        return nil, err
    }
    if err := encoder.Encode(e.Contents); err != nil {
        return nil, err
    }
    if err := encoder.Encode(e.CreateAt); err != nil {
        return nil, err
    }
    if err := encoder.Encode(e.UpdateAt); err != nil {
        return nil, err
    }
    if err := encoder.Encode(e.DeleteAt); err != nil {
        return nil, err
    }
    return w.Bytes(), nil
}

// デシリアライズするためのデコーダ
// byte配列を渡してレシーバへ値を入れる
func (e *Entry) GobDecode(buf []byte) error {
    // デコーダを作る.
    // io.Readerであれば何でも良いのでここではbytes.Bufferを使う
    r := bytes.NewBuffer(buf)
    decoder := gob.NewDecoder(r)

    // 先頭から順番にデコードしていく
    // 必ず先頭から1つずつデコードを実行していく必要があるらしい

    if err := decoder.Decode(&e.ID); err != nil {
        return err
    }
    if err := decoder.Decode(&e.Title); err != nil {
        return err
    }
    if err := decoder.Decode(&e.Contents); err != nil {
        return err
    }
    if err := decoder.Decode(&e.CreateAt); err != nil {
        return err
    }
    if err := decoder.Decode(&e.UpdateAt); err != nil {
        return err
    }
    if err := decoder.Decode(&e.DeleteAt); err != nil {
        return err
    }
    return nil
}

func main() {
    // 記録するデータ
    e1 := &Entry{
        ID: 1,
        Title: "title",
        Contents: "contents",
        CreateAt: time.Now(),
        UpdateAt: time.Now(),
        DeleteAt: time.Now(),
    }
    // bにシリアライズして入れる
    b, err := e1.GobEncode()
    if err != nil {
        fmt.Println("Error occured.", err)
    }

    // デシリアライズするために用意
    e2 := &Entry{}

    // bからe2へデシリアライズ
    if err = e2.GobDecode(b); err != nil {
        fmt.Println("Error occured.", err)
    }

    // デシリアライズしたものを表示
    fmt.Println(e2.ID)
    fmt.Println(e2.Title)
    fmt.Println(e2.Contents)
    fmt.Println(e2.CreateAt)
    fmt.Println(e2.UpdateAt)
    fmt.Println(e2.DeleteAt)
}

コメントも書いたし,多分思い出せるだろう.