write ahead log

ロールフォワード用

Docker Toolboxを使ってWindows10 HomeでDocker環境を構築する

DockerをWindowsで使おうとするとHyper-VのあるProfessional以上の環境を要求されます.

まぁ, 買えばいいんですが, そうはいってもない状況で使いたい場合もあるんですね.

そういう方はVirtualbox上で構築できるDocker Toolboxというものがあるそうです.

そりゃいいねと. そういうわけで使ってみました.

0. 環境

64bit環境だとIntel VTのCPUがいるらしいです.

私が試した環境は

です

1. ダウンロード

まずはダウンロードします.

URLは以下です.

Docker Toolbox

2. インストールする

基本はひたすら「Next」です.

VirtualBoxやgit for windowsが入っている場合はチェックは不要です.

Install VirtualBox with NDIS5 driver[default NDIS6]にチェックを入れないとネットワークがうまくいかない例があるっぽいので入れておきます

こちらの記事で手順の中でNDIS5を指定しているので, そういうことかなと.

3. 起動する

デスクトップにショートカット(Docker Quickstart Terminal)が出来ているので実行します.

起動すると勝手にVMを作成したりDocker-imageをダウンロードしたりしてくれます.

応援しながら待ちます.

4.runしてみる

以下が動けば大丈夫でしょう.

docker run hello-world

Virtual boxの画面を開くとdefaultマシンが一つできています.

あー

Qiitaに同種の記事がありました.

たぶんこっち見た方がいいですね…詳しいし

追記

msys2やコマンドプロンプトから使うとエラーになりました.

C:\Users\twinbird>docker run hello-world
docker: error during connect: Post http://%2F%2F.%2Fpipe%2Fdocker_engine/v1.29/containers/create: open //./pipe/docker_engine: The system cannot find the file specified. In the default daemon configuration on Windows, the docker client must be run elevated to connect. This error may also indicate that the docker daemon is not running.
See 'docker run --help'.

どうも環境変数の設定が必要なようです.

Docker QuickStart Terminalで以下のコマンドを実行して,

$ docker-machine env
export DOCKER_TLS_VERIFY="1"
export DOCKER_HOST="tcp://192.168.99.100:2376"
export DOCKER_CERT_PATH="C:\Users\twinbird\.docker\machine\machines\default"
export DOCKER_MACHINE_NAME="default"
export COMPOSE_CONVERT_WINDOWS_PATHS="true"
# Run this command to configure your shell:
# eval $("C:\Program Files\Docker Toolbox\docker-machine.exe" env)

出てきたexport文をそのままmsys2のbashrcに張り付けるとうまくいきました