write ahead log

ロールフォワード用

ubuntuにvim8をソースからインストールする

aptで入れるvimは7系で古かったのでソースから入れた.

1. ソースを取得

# git clone https://github.com/vim/vim

2. ncurses-devを入れる

必要といわれるので

# aptitude install ncurses-dev

3. configureを実行

オプションは好みでセッティングなんでしょうが, よくわからない部分も多いので適当にサイトを回ってある程度最低限っぽいものに絞りました.

./configure \
 --enable-fail-if-missing \
 --with-features=huge \
 --disable-selinux \
 --enable-cscope \
 --enable-fontset \
 --enable-multibyte

4. makeを実行

まぁ, 普通に.

# make

5. make installで配置

こちらもまぁ, 普通に.

# make install

6. alias入れとく

.bashrcか.bash_profileを編集する.

alias vi=/usr/local/bin/vim