write ahead log

ロールフォワード用

Lubuntuを入れたときにやったこと

古いマシンにLubuntuをいれたのでメモ. 快適だし, メインマシンいらないんじゃないだろうか….

1. lubuntuを入れる

Lubuntu 17.0.4をディスクへ焼いてインストール.

English設定で入れた.

2. パッケージを更新

$ apt-get update
$ apt-get upgrade

3. 日本語入力環境を構築

$ sudo apt-get install ibus-anthy
$ sudo apt-get install scim-anthy
$ sudo apt-get install fcitx-anthy

これだけだとだめかも.

menu -> preference -> language support でIME指定されているか確認.

4. Google Chromeをインストール

公式からダウンロードして入れるだけ.

5. CtrlとCapsLockを入れ替える

これないと不便でしょうがない.

$ sudo vi /etc/default/keyboard

下記を書き換え.

XKBOPTIONS=""  # <= これを
XKBOPTIONS="ctrl:swapcaps" # <= こうする

rebootする.

6. いつも使うツールを一式入れる

$ sudo apt-get -y install vim
$ sudo apt-get -y install tmux
$ sudo apt-get -y install w3m
$ sudo apt-get -y install gcc
$ sudo apt-get -y install curl
$ sudo apt-get -y install git
$ sudo apt-get -y install tree

go

$ cd ~
$ wget https://storage.googleapis.com/golang/go1.8.3.linux-amd64.tar.gz
$ sudo tar -C /usr/local -xzf go1.8.3.linux-amd64.tar.gz
$ rm go1.8.3.linux-amd64.tar.gz

vimrc

$ cd ~
$ wget https://gist.githubusercontent.com/twinbird/adcec8abec12ad3398d0/raw/2b5a95e601d5110b81017d869154e3283f8f48f6/.vimrc

tmux.conf

$ cd ~
$ wget https://gist.githubusercontent.com/twinbird/040b298673e5c813a29962d3e5b858c6/raw/556e17c7dd89f54e4fd2f2d237a1534d08994ec5/.tmux.conf

Vundle

$ cd ~
$ git clone https://github.com/VundleVim/Vundle.vim.git ~/.vim/bundle/Vundle.vim

vimプラグイン

vimを開いて:BundleInstall.

7. パス通す

.bash_profileないなと思っていたら, .profileを編集するらしい.

知らなかった.(ubuntu独自なの?)

vi .profile

なんかそれっぽく追加.

GOPATH="/home/twinbird/gopath"
export GOPATH
PATH="$PATH:/usr/local/go/bin:/home/twinbird/gopath/bin"
export PATH

再度ログイン.

8. Dropboxを入れる

これなしではやっていけないくらい依存しているので.

ubuntu版があるのでこれをダウンロードしてダブルクリックしてやるとソフトウェアセンターがうまいことやってくれる.

あとはスタートメニュー的なところから起動してやればいい.

9. 自作ツール入れる

ブログ記述用. go入れた後じゃないと面倒だし.

$ go get github.com/twinbird/hbp

~/.hbpを編集.

感想

anthyで凄い手間取った.

他はそんなにはまりどころも無いし, とてもよいと思う.

なによりターミナルが軽い….

メインマシン使う機会なくなりそう….