write ahead log

ロールフォワード用

WSL(ubuntu)でRails環境を構築した時のコマンド履歴

もうずいぶん触ってないし, Railsチュートリアルやろうかと思ってハマったので.

historyを加工して書き留めておく.

$sudo apt install ruby-dev
$sudo apt-get install libxml2 libxml2-dev libxslt-dev
$sudo apt install ruby-bundler
$bundle config build.nokogiri "--use-system-libraries --with-xml2-include=/usr/include/libxml2"
$sudo apt install gcc
$sudo apt install zlib1g-dev
$sudo apt install libxslt-dev
$sudo apt install build-essential libssl-dev libreadline-dev 
$sudo gem install rails -v 5.1.4
$rails -v
$sudo gem install bundler
$sudo apt install libsqlite3-dev
$sudo apt install nodejs

ここまでやってようやくrails new sampleができた.

[追記]

rails new すると

warning: Insecure world writable dir /mnt/c in PATH, mode 040777

といったメッセージが出てくる.

どうも原因としては権限がありすぎるディレクトリに対してRubyが気を利かせてくれているということらしいのですが, 毎度これが出てくるのも困る.

CLI上での相互運用も考えていないので, 思い切ってUbuntu側ではWindows環境変数を削除してしまいました.

具体的には.bashrcの先頭に以下を追加.

export PATH="$(echo "$PATH" | sed -r -e 's;:/mnt/[^:]+;;g')"

参考

参考ページまんまです.

[さらに追記]

mysql使うなら以下も.

$ sudo apt install libmysqld-dev