write ahead log

ロールフォワード用

VimpleNoteを使ってvimでSimplenoteを使う

Simplenoteは必要なものがわかっているとても良いサービスです.

テキストの編集と検索しかできませんが, 多くの端末から利用できます.

しかし惜しいことにvimから編集できません.

これを解決するプラグインsimplenote.vimがあります.

こちらも素晴らしいですが, python依存は避けたいところです.

と思っていたら, なんとvimscriptで書き直したVimpleNoteという物があります.

例によってid:mattnさんの作品です.

導入

Vim8でWindows10 Home WSL上へ導入していきます.

VimpleNoteは以下に依存しています.

WSLであればcurlが入っているので, 必要なものをgitでcloneするだけです.

こちらの記事にもあるようにvim8からはプラグイン管理が楽になって助かります.

$ cd /home/twinbird/.vim/pack/mypackage/start
$ git clone https://github.com/mattn/vimplenote-vim.git
$ git clone https://github.com/mrtazz/simplenote.vim.git

設定

.vimrcへ以下を追加します.

let g:VimpleNoteUsername = "[Simplenoteのユーザ名]"
let g:VimpleNotePassword = "[Simplenoteのパスワード]"

dotfilesなどでパブリックな場所にvimrcを補完している方は別ファイルにした方が良いでしょう.

" 上述のletを記載したファイルを読み取る
source .vimplenoterc

使い方

ノーマルモードで叩くだけです.

コマンド 動作
:VimpleNote -D 現在のバッファのノートを削除
:VimpleNote -d ノートをゴミ箱へ
:VimpleNote -l ノートの一覧を表示
:VimpleNote -n 現在のバッファから新しいノートを作る
:VimpleNote -t 現在のバッファにタグをつける
:VimpleNote -u バッファのノートを更新

wコマンドで保存すれば更新してくれるし, 非常に便利です.

強いて言えばSimplenote自体のセキュリティがシンプル過ぎるので, 2段階認証が欲しいという気はしないでもないですが.