write ahead log

ロールフォワード用

WSLでVagrantを使う際のメモ

VagrantもWSLから使いたい.

公式サポートはしていないようだけど, アルファ版で機能提供されているようなので使ってみた.

VirtualBoxのインストール

ここからダウンロード

ホストになるWindowsVirtualBoxをインストールする.

これはWSLは関係ない.

WSL上にVagrantをインストール

Ubuntu(WSL)を開いて, ダウンロードしてインストール. Vagrantは普通のdebian向けのものを使えばいい.

$ curl -OL https://releases.hashicorp.com/vagrant/2.1.2/vagrant_2.1.2_x86_64.deb
$ dpkg -i vagrant_2.1.2_x86_64.deb

環境変数を設定

WSLで使うための環境変数が用意されている.

変数名 内容
VAGRANT_WSL_ENABLE_WINDOWS_ACCESS WSLからVagrantを使う時は"1"を設定
VAGRANT_WSL_WINDOWS_ACCESS_USER Windows側のユーザ名

これを.profileにでも書いておいてやる.

export VAGRANT_WSL_ENABLE_WINDOWS_ACCESS="1"
export VAGRANT_WSL_WINDOWS_ACCESS_USER="twinbird"

シェルを再起動.これで使えるようになる.

ハマりポイント

ストアアプリのUbuntu18.04ではうまく動かなかった.

ストアアプリのUbuntuとUbuntu18.04の違いがよくわかってない.
(いや, もちろん18.04にはなってるんだけど)

パスの引継も18.04ではうまくいっていないし, とりあえずUbuntu(無印)を使うのが無難っぽい.