write ahead log

ロールフォワード用

Laravel6系でmigrationのchangeを使おうとしたらエラーが出た

こんなエラーが出た.

Symfony\Component\Debug\Exception\FatalThrowableError  : Class 'Doctrine\DBAL\Driver\PDOMySql\Driver' not found

doctrine/dbalを入れれば良いという情報はたくさん見つかるのだが, Laravel6だとうまく動かなかった.

どうもdoctrine/dbalのメジャーバージョンは3.*で, Laravel6はこれに対応していないらしい.

というわけでバージョン指定して入れれば解決した.

$ composer require doctrine/dbal:2.*

pg_dumpでオブジェクトを削除(Drop)するSQLを一緒に出力したい

こんな感じで「-c」オプションを使えばよいらしい.(--cleanの別名っぽい)

「--if-exists」を使うとその名の通り「if exists」を付けてくれてより良い感じ.

pg_dump -c --if-exists db名 > dump.sql

PowershellでmdbファイルをExcelにするスクリプトを書いた

仕事で使いそうだったので.

出来ればこんなの使いたくない.

#######################################################################
# 概要
#   mdbファイルを開いてテーブルの内容をExcelへ出力する
# 書式
#   export-mdb.ps1 [mdbファイルへの相対パス] [mdbファイルパスワード]
#######################################################################

Param($filename, $password)

# 指定テーブルを指定シートへエクスポートする
function ExportTable {
    param (
        $con,
        $sheet,
        $tableName
    )
    $rs = New-Object -ComObject "ADODB.Recordset"

    $sql = "SELECT * FROM ${tableName}"
    $rs.Open($sql, $con, 3, 3)

    # テーブル名
    $col_idx = 1
    $row_idx = 1
    foreach ($f in $rs.Fields) {
        $sheet.Cells.Item($row_idx, $col_idx) = $f.name
        $col_idx += 1
    }
    $row_idx += 1

    # データ内容
    $rs.MoveFirst()
    while ($rs.EOF -eq $false) {
        $col_idx = 1
        foreach ($f in $rs.Fields) {
            $sheet.Cells.Item($row_idx, $col_idx) = $rs.Fields.Item($f.Name).Value
            $col_idx += 1
        }
        $rs.MoveNext()
        $row_idx += 1
    }

    $rs.Close()
}

# MDBファイルのファイルパスを組み立てる
$filepath = join-path $PSScriptRoot $filename
$excel_filepath = join-path $PSScriptRoot "exported.xlsx"

$connection_string = "Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0; Data Source = ${filepath};"

# パスワード指定の場合にはパスワードをConnectionStringへ加える
if($password -ne '') {
    $connection_string += "Jet OLEDB:Database Password = ${password};"
}

# Excelを開いてブックを作る
$excel = New-Object -ComObject Excel.Application
$excel.visible = $false
$excel.DisplayAlerts = $false
$book = $excel.Workbooks.Add()

# mdbを開く
$catalog = New-Object -ComObject "ADOX.Catalog"
$con = New-Object -ComObject "ADODB.Connection"
$con.Open($connection_string)
$catalog.ActiveConnection = $con

try {
    foreach($tbl in $catalog.Tables) {
        # テーブルのみ出力
        if($tbl.type -eq "table") {
            # シートを加える
            $sheet = $book.Worksheets.Add()
            $sheet.name = $tbl.name
            ExportTable $con $sheet $tbl.name
        }
    }
    $book.SaveAs($excel_filepath)
} finally {
    $con.Close()
    $excel.Quit()
    $excel = $null
}

Powershellでmdbファイルを開いてテーブルの一覧を得る

2020年にもなってMDBファイルを触ることになるとは思わなかった.

PowerShellは便利だ.

使うときにはこの辺のコンポーネントが必要だと思う.

Microsoft Access Database Engine 2016 Redistributable

#######################################################################
# 概要
#   mdbファイルを開いてテーブルの一覧を出力する
# 書式
#   table-list.ps1 [mdbファイルへの相対パス] [mdbファイルパスワード]
#######################################################################

Param($filename, $password)

# MDBファイルのファイルパスを組み立てる
$filepath = join-path $PSScriptRoot $filename

$connection_string = "Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0; Data Source = ${filepath};"

# パスワード指定の場合にはパスワードをConnectionStringへ加える
if($password -ne '') {
    $connection_string += "Jet OLEDB:Database Password = ${password};"
}

$catalog = New-Object -ComObject "ADOX.Catalog"
$conn = New-Object -ComObject "ADODB.Connection"

$conn.Open($connection_string)
$catalog.ActiveConnection = $conn

foreach($tbl in $catalog.Tables) {
    #Write-Output $tbl
    #テーブル名だけほしい時はこっち
    Write-Output $tbl.name
}

$conn.Close()

OpenSSHを使ってSFTPの設定をする

OpenSSHさえ入っていれば設定だけでSFTPサーバも兼ねる事ができる.

お手軽で良いのだけど, 設定をたまにしかしないので忘れるのでメモ.

よくある設定

CentOS7では

/etc/ssh/sshd_config

に以下の様な内容を追記してやる.

#Subsystem      sftp    /usr/libexec/openssh/sftp-server
Subsystem       sftp    internal-sftp

Match User 【ユーザ名】
ChrootDirectory 【初期ディレクトリの1つ上】
ForceCommand internal-sftp -d 【初期ディレクトリ】
# パスワード認証の場合以下
#PasswordAuthentication yes

chrootを使ったjailができるのだけど, 注意が必要なのは

  • ChrootDirectoryは所有権がroot:rootでなければならない
  • ChrootDirectoryはroot以外が書き込み権限を持ってはならない

というところだと思う.

後はForceCommandのdオプションで初期ディレクトリへ移動するようにできたけど, WindowsのFTPソフトなんかだとうまく動作しなかったりした.

この辺は仕組みをちゃんと理解してないのであかんなぁという感じ.

Laravelでフォームのチェックボックスを作るときにoldを使いたい時

なんかいつも忘れるというかハマるんだよね.

is_doneはDB上はbooleanとして.

<input type="hidden" name="is_done" value="0">
<input type="checkbox" name="is_done" value="1" id="is_done"
@if (old('is_done', $production_plan->is_done ? '1' : '0') === "1")
checked
@endif
>
<label for="is_done">完了 </label>

テーブルみたいな明細構造でも同じ考え方で大丈夫.(当たり前だけど)

ここでは$loop->index使った例.

<input type="hidden" name="is_done[{{ $loop->index }}]" value="0">
<input type="checkbox" name="is_done[{{ $loop->index}}]" value="1"
    @if (old('is_done.' . $loop->index, $plan->is_done ? '1' : '0') === '1')
        checked
    @endif
>

追記.

いちいちhidden入れるのも面倒だし, でもデフォルトでtrueにしたいチェックボックスの場合どうしようかなぁと思ってたんだけど, $errorsを使うというやり方があった.

<input type="checkbox" name="is_done" {{ old('is_done.' $loop->index) || !$errors->any() ? 'checked' : '' }}>

Laravelのリクエストバリデーションで除外IDを指定する

unique使うと更新時に問題になるんだけど, ignoreというメソッドがいつの間にか追加されている.

これを使えば「更新対象レコードのidを除外してuniqueチェック」ができるけど, 更新対象レコードのidをフォームリクエスト内でどうやって取得するのかわからなかった.

結論的にはルートパラメータの値を指定すれば良いらしい.

こんなルートがある場合には

Route::post('/products/{product}', 'ProductsController@store')->name('products.store');

こんな風に指定できる

Rule::unique('products')
    ->ignore($this->product)
    ->where('first_name', $this->first_name)
    ->where('last_name', $this->last_name),